ご挨拶
 
 

初めまして、数野元志と申します。
標高1000メートルの北軽井沢の地に工房を構えています。
ここは、目前には荘厳な浅間山が聳え、北に目を転じれば草津白根山をはじめとする三山(逢ノ峰・本白根山)が青白く連なる山あいです。冬はマイナス15度を超えることもある厳しさですが、夏は8月でも20度程度と過ごしやすい高原。
澄んだ空気、広やかな高原、なだらかな浅間山の稜線、ゆったりとした雰囲気、鋭い光線の太陽、きりりと身の引き締まる冷たい風。
そのような自然に育まれながら、木工作品をひとつひとつ生み出しています。

木工作家として、木を扱って20数年。
長年培った木工技術を生かして、こだわりの木製品を皆様の身近に置いて頂きたいと思いながら制作しております。
 

 
StyloArtとは
 

StyloArtとは、「スティロアート」と読みます。
ひとつひとつが私の大事な作品です。
下記のようなことを考えながら作っています。
共感頂ける点があるならば、嬉しく思います。

-木のぬくもりを生活に。

-無垢の木を使用しています。
使い込めば込む程、少しずつ艶を重ね、深い味わいを見せてくれます。経る年月と共に魅力が増すステーショナリー。手にする度に小さな喜びを感じられるような作品を提供したいと思っています。

-シンプルな美しさを心がけています。
無駄を排した、シンプルなデザイン。
木目や、色合いの美しさ。
木そのものが持つ、味わいを生かしています。

−バランスの取れた美しさの中に、スパイスを。
木のあたたかい雰囲気の中に、モダンな味付けのスパイスを入れています。
飽きが来ず、長く使っていただけるものを提供します。


-本物志向です。

長年家具職人として研鑽を積んできました。
確かな技術を反映し、お使い頂く方々に満足頂けるよう丁寧に作っています。

-作品を手にした時の触感を大切にしています
すべすべした感じ。
少しあたたかい感じ。
手に感じる適度な重み。

手を触れたときの気持ちにちょっと心を傾けてみてください。
様々な感覚と共に、ほっとするような安心感を感じませんか?

手元に置いていただくことで何か感覚に訴えるものがきっとある、そう信じています。
是非、実際に手にしてみてください。


まだまだ、日々精進中。
皆様のお声を聞きながら、努力して参ります。
今後とも宜しくお願い致します。  数野 元志

1956 年 東京府中生まれ。
2002年 標高1000mにある北軽井沢に「家具工房 Kazuno」を開設。
その後、手作り万年筆の修行と研究を重ね、
2009年「スティロアート軽井沢」をスタートし、天然木を使った万年筆や木の文具、木軸の筆記具を制作。
装飾のないオリジナル万年筆「アサマ」、「タウト」、「B.O」、
2015年5月木軸のクリップ付き「クモバ」をリリースしました。
ペン先調整の研究を重ねた結果、現在、万年筆のペン先は国産のものを使用しています。


================================================
*ペン先:Pi(パイロット) / Pt(プラチナ) / Sa(セーラー)
================================================

スティロアート軽井沢 オリジナル万年筆

万年筆アサマ ASAMA

名前の由来
工房から仰ぎ見る浅間山にちなんでオリジナル万年筆第1号「アサマ」と命名。

特徴
キャップは後ろに付けずに使うタイプ
軸はスーッとしていて背筋がピンと伸びたような感じです。
キャップの長さと軸の長さのバランスを試行錯誤のうえ下記のサイズに落ち着きました。

基本サイズ
全長:約147mm
キャップの長さ:約60mm
胴軸の長さ:約90mm  (ペン先ユニットを除く)
胴軸径:14.5mm

ペン先:日本製対応 万年筆の風貌からすると大きめのペン先が似合います。
*Pi 10号、15号、SaPro21、Pt 3776


万年筆タウト Taut

名前の由来

ドイツの建築家ブルーノタウト(Bruno Taut)から
ブルーノ タウト(Bruno Taut)は1880年ドイツに生まれた建築家です。
政治的理由によりナチス政権に迫害され1935年に日本に亡命二年三か月にわたり高崎に滞在し群馬県工業試験所高崎分場に着任しました。その間、竹、和紙、漆などの日本の伝統的素材をいかしたモダンな作品を発表しています。日本文化を深く愛し桂離宮や伊勢神宮の美しさを世界に発信しました。
タウトが滞在した少林山達磨寺には「 Ich liebe die Japanische kultur.(我日本文化を愛す)」 の石碑が残されています。
偉大なタウトの名を冠することは甚だ恐れ多いことですがタウトの名を汚さぬような素晴らしい万年筆を作っていくという決意を込めてあえて命名した次第です。


特徴
キャップは後ろに付けても付けなくても使用できるタイプ
後ろを軽くしたい場合はキャップを付けない方が書き安い場合があります。
軸はアサマよりほんの少しふっくらするように削りました。

尻軸を削ったレギュラータイプと少し細くしたストレートタイプがあります。
尻軸を削って角をだす、これは木工家ならではのこだわりです。

季節によって、尻軸のサイズが変わります。木は「材」になっても呼吸しています。
木の呼吸に合わせてお使いください。

基本サイズ
全長:約137mm
キャップの長さ:約60mm
胴軸の長さ:約80mm (ペン先ユニットを除く)
胴軸径:約14mm

ペン先:日本製対応 万年筆の風貌からすると大きめのペン先が似合います。
*Pi 10号、15号、Pt 3776、Sa Pro21
*ストレートタイプはお好みですがPi 5号も似合います。

万年筆B.O(ビーオー)

1900年代初期の万年筆をイメージし、キャップと胴軸が同じ太さになるように仕上げました。
そのままBOと読んでください。

特徴
筆記時にキャップを胴軸に付けて使用できます。キャップを同軸に付けた時キャップと軸が同じ太さになるように尻軸を削っています。タウト同様尻軸を削って角をだす、こだわりぬいた万年筆です。
木は呼吸をしています。季節により、尻軸のサイズが変化します。無理に差し込まないようお願い致します。
軸と首軸を一体化するために、ネジをきりました。
オリジナル首軸を使用し日本製ペン先は3社とも装着できるようにしました。

基本サイズ
全長:約135mm
キャップの長さ:約60mm
胴軸の長さ:約75mm  (ペン先ユニットを除く)
胴軸径:約15.5mm
 *胴軸とキャップの径を同じにするため胴軸は15.5 mmより細くすることはできません。

ペン先:日本製対応
*Pi 5号、 10号、15号、 Sa pro21、Pt 3776

万年筆ピコリ Piccoli

特徴
タウトをショートにしたモデルです。
筆記時はキャップをつけると丁度良い長さになります。

基本サイズ
全長:約120mm
キャップの長さ:約60mm
胴軸の長さ:約60mm (ペン先ユニットを除く)
胴軸径:約14mm

ペン先:日本製 Pi 5号  ボディが短いので小さめのペン先が似合います。


万年筆クモバ KUMOBA 木のクリップ付き 

軽井沢にある雲場池より命名。
静かなたたずまいの中に四季折々、色を変える雲場池はいつ見ても美しい。心休まる空間を味わえる場所です。

特徴
キャップトップと尻軸を削り、丸みのある軸に仕上げました。
木のクリップ付きです。このクリップは手で削って形を整えていきますので、万年筆軸を作る以上に手間がかかります。
 
 クリップ制作

基本サイズ
全長:約145mm
キャップの長さ:約65mm
胴軸の長さ:約80mm (ペン先ユニットを除く)
胴軸径:約13.7mm

雲場池

雲場池

==============================================

*モデルを選び、軸の素材を選び、ペン先が選べる万年筆はスティロアートならではです。
*すべて手作りですのでサイズは微妙に違いがあります。予めご了承ください。
*サイズ変更の場合はオーダーメイドの万年筆ご覧ください。

================================================
*ペン先:Pi(パイロット) / Sa(セーラー)/  Pt(プラチナ)
================================================

About the owner

数野 元志
Motoshi KAZUNO 

万年筆は心を伝える道具也

ブログ北軽の風
  

Top