木地溜呂色仕上について by 根岸 修

木地溜塗りは木地の木目が見えるように中塗りをせずに透き通った漆を塗ったものです。

【木地溜露色仕上げ工程】

1.導管埋め:木曾さび土(ケイソウ土)を漆で混ぜたものを塗り導管を埋めてから
  サンドペーパーで木目を残しながら平滑にします。
2.木固め:生漆をすりこみ木地を固めます。
3.漆塗り:赤呂漆を3回塗ります。(呂漆=透漆)
4.艶出し:1,500番のサンドペーパーをかけます。
5.拭き漆:生漆を3回塗ります。
6.胴摺り :コンパウンドで磨きます。
7.拭き漆:生漆を1〜2回拭き漆を施します。
8.艶仕上げ:再度、極細コンパウンドで磨きます。

アサマ・タウトストレート (写真一例:タモ波状杢 ) 
  
  木地溜2本

タウトストレート

木地溜タウトS


アサマ
木地溜アサマ

写真ではなかなか木地溜呂色仕上げの美しさを出すのが難しいです。是非実際に見て、手触りを確かめてください。

 

About the owner

数野 元志
Motoshi KAZUNO 

万年筆は心を伝える道具也

ブログ北軽の風
  

Top