手作り万年筆 北軽の風         
       
   スティロアート軽井沢 Facebook   Instagram    まそほ まそほInstagram
   

2017月 2月23日

昨日無事LAペンショーより戻りました。

今回は滞在中は大嵐に見舞われ残念ながら南カルフォルニアの陽光は拝めませんでした。

しかし会場は嵐にも拘わらず昨年以上の来客数で連日大賑わい。

例年は最終日の深夜便で帰国していましたが、今年は月曜日にロス市内の観光客があまりいかない所を現地の友人に案内して貰い旅行者気分を味わってきました。







2017年 1月31日

昨夕、代官山蔦屋より戻りました。東京は汗ばむほどの気温でしたが工房に戻ると雪が舞い冬に逆戻。

さすが代官山蔦屋書店、二日間とも大勢のお客様にお越しいただき大盛況でした。遠くは名古屋、神岡(岐阜県)からもご来場いただきました。某有名万年筆ブロガーの方は神戸ペンショーから帰り直接夜行バスで駆けつけて頂き本当にお疲れ様でした。

お蔭様でキャップレスも好評で販売予定時刻前にいらして頂いたようで大勢の方にお買い上げ頂きお店の方もビックリ。私も驚きました。

初めてお目にかかりましたが、大学の文具サークルの面々とコアな万年筆談義を楽しみました。このような研究熱心学生さんがいる限り日本の将来もまんざらではありません。

スティロアートのお客様の今までの男女比をみますと男性が7〜8割でしたが今回ついに5対5になりました。年齢構成でいいますと、男性は若い方からご年配の方まで偏在していますが、女性の方はほぼ20代と30代が中心です。

このことは万年筆業界にとっても嬉しい傾向だと思います。

お越しいただいたお客様、蔦屋のスタッフの皆様には厚く御礼申し上げます。

次回展示会はLAペンショーになります。マンハッタンビーチでお会いできること楽しみにしております。








2017年 1月22日

一年中で一番寒い候となりました。午前6時の気温マイナス16.9℃。
おそらく南極の昭和基地より寒かったのでは。。。
残念ながら-17℃には達せず。


     工房の屋根にはつららが。。。

日課の早朝散歩に出ましたが寒いを通り越して体中が痛くなりました。

工房では今週末の蔦屋書店代官山での展示会にむけ作業も佳境に入っています。


今回の目玉としてキャップレス黒柿、色味のコントラストを楽しめるタウトカラーズ、
インキ染めを持参しますのでご期待ください。









2017年 1月11日

正月も早くも11日。正月気分も抜けエンジンも快調に吹き上がってきました。

昨日はペン習字の稽古始めに行ってきました。2012年12月に小石会草津教室(長野原町宮崎教室)に入門以来四年がたち、今年から新たに毛筆にもチャレンジしようと昨日より毛筆部に入門。

けいこ初日は漢数字の一。先生曰、書道は一に始まり一に終わるとのことですべての基本が入っていることです。

ペン習字の練習後小中学生の先輩方に交じりひたすら「一」を書き続けること一時間。ペン習字とは全く異なる書き味を楽しみました。





2017年 1月2日

年賀状


明けましておめでとうございます。

昨年中は展示会でネットショップで多くの皆様に大変お世話なりました。

去年は海外3回、国内7回の展示販売会を行いましたが今年は海外2回、国内6回を予定しています。

回数は若干減らしましたが内容はさらに濃いものにしていきたいと思っています。

今年はクリップ付のクモバ、キャップレス、デシモと目が離せないものを出していきますのでご注目下さい。

それでは万年筆のある生活大いに楽しみましょう。

「万年筆は心を伝える道具也」 今年も宜しくお願い申し上げます。




*木軸キャップレスについてのお問合わせのが多く寄せられております。

発売以来ご支持を頂きあり難い限りですが、メーカー様への配慮もありネット上での公開は控えさせていただいております。

大変申し訳ございませんが、展示会と工房での在庫販売のみで注文制作はお受けしておりません。

キャップレスファンの皆様には大変ご不便をおかけしますが何卒事情ご賢察のうえご理解をお願い申し上げます。

*展示会で手に取ってご覧になった万年筆、筆記具はペン先がお好みであればその日にお持ち帰り頂けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





2016年11月16日(水)

先週水曜日に初雪があり工房周辺はすっかり秋も終わり初冬の趣です。

構想を練り始めて一年半、ようやくデシモ木軸が完成近づいてきました。

先行したキャップレスのカスタマイズは成功したもののデシモは軸径が細いためカスタム化が難航していましたがようやく試作品ができあがり現在試験使用中です。

これで問題がなければ来年早々にリリースできそうです。








 

About the owner

数野 元志
Motoshi KAZUNO 

万年筆は心を伝える道具也

ブログ北軽の風
  

Top